上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
(ネタバレなし。でも情報出すので見たくない人は見ないべし。クリック開閉で超ネタバレ)


両方の映画を1日で見ました。
映画館行くの面倒なので、まとめて見ちゃえ、と。



NANOHAはとってもスターライトブレイカーでした。

FateはとってもUBWでした。




そして、個人的にはFateの方が興奮できたので、やっぱりFateの方が良かった!と友人と感想を共有しようと試みました。


ですが、

誰にも受け入れられることはありませんでした。


くすん。皆そんなになのはがかわいいか。
うん、可愛いね。
でもミス・トーサカもすんげぇ可愛かったんですよ・・・・・・



真面目に分析して考えると、両方共に共通しているのは
「地上波放送のアニメでできなかったことをやっている」という点。


NANOHAはオリジナル展開だったので、当然、それに合わせてすべてを再構成されてました。
アニメでやった抑えるべきところもしっかり押さえてた。
反対に、アニメでは表現しきれてなかった箇所を強化して
より良くしてきた印象です。
ユーノ君の眼がぷりちーでした。緑色で。
まぁ作画が「劇場版なんだから補正かかって超作画になるに違いない!!」と
個人的に期待しすぎていたせいか、物足りなかったと感じてしまったのですが、
構成は、間違いなくクリティカルに組まれていました。
まぁ「あと一言ほしい!」というところは結構ありましたけど、こればかり尺もありますので仕方がない。
初心者に優しいか否か、という点ではNANOHAの映画は大変に良かった。


とまぁFateですよ。
これはほぼ、アニメ、もしくは原作をやってるのが前提となる作品でした。
最初の展開の速さっぷりがやっぱり凄かった。
でもあの展開の構成は、良く考えると
「すでにテレビでやった部分を端折ったのでは」と思いました。ネタバレなので詳細書けませんが。
いくら放送されたのがセイバーのFate編にアレンジされたものだったとしても
UBWで同じ用になぞっちゃ、演出が違ったとしても丸々被りますもんね。

そーゆーところをとことん削っていたので、初心者には絶対やさしくない作りではありました。
でも、UBW編を感動させるには、そもそもFate編あってこそだと思うのです。
その視点で考えると、なるほどアーチャーに重点を置いた構成だったと思います。



とにかく、面白いのは間違いない。
戦闘は手を強く握ってしまうほどの興奮がありました。
やべーです。アーチャーVSシロウとギルVSシロウ戦闘。


あえて私は声を大きくして言います。

自分は、劇場版Fateの方が、
劇場版NANOHAよりも良かったです。



あ、NANOHAはパンフ買った方がいい。カード云々じゃなくて、情報が普通に充実してます。
まさか本編の補足が入っているとは・・・・・・

Fateはまぁ、ビジュアルブック的な面が強いものでしたけど、チトクは当然限定版を。
監督の葛藤を味わえる内容です。プロの仕事ですね。


これ以上はネタバレ必死なので、見たい人は以下をクリックで。
ネタバレだよにーちゃん?



あーゆーOK?









NANOHAでほしかったのは、個人的には「なのはの異常な成長スピード、能力をもっと特筆してほしかった」という点。
フェイトはナチュラルに受け入れてましたけど、なのはの成長スピードは異常だったはず。
数日で使いこなして、普通に複数同時思考をこなして、アクセルシューターを普通に使って。
「その能力が使えるのはすごい!」という描写がなかったのはもったいない。
一言、感嘆の意を唱えればいいだけなのに、と本気で思いました。

ですが、フェイト母の母性、愛情面に関しての表現があったことや、リニスの登場は本気でGJ。



Fateの最大のネックは、「すでに地上波アニメでやっちゃってること」がむちゃくちゃ足を引っ張ってました。
そのせいで、削られまくりんぐ。
でも、事前にアニメをDVDで見直していた俺には全く死角はなかったぜ。
内容がどんなに端折られていても、わかるわかる。
むしろ新規カットダイジェストみたいですっきり理解できました。
優先度の高いUBWでしか使えないシーンを抽出して、さらに戦闘に特化したデキです。
ですがやはり、もっと心理描写とか、間がほしかったのは事実。
特に、シロウとアーチャーの共に持つペンダントに関してはもっと引っ張ってほしかった。
まさか最初にあんなにサクっと見せてくるとは思わず・・・・・
シロウの葛藤があんまり表現されてませんでした。
「理想を抱いて溺死しろ」のセリフも、一回ぽっきり。
まぁここぞ、というところで使うのもありだったけど、個人的には、何回も言われる重みみたいのを感じたかった。
名言系がさらっと言ってきた。唯一、UBW発動だけが尋常じゃないカッコヨサを実現。
いやぁ、シロウってすごいんですね。アーチャーとランサーがカッコイイのはデフォですが。

でも、その分、「カッコイイ!」というシーンがとことんこだわって作られてます。
ランサーの最後とか、シロウの戦闘とか、固有結界とかヤバイ。
しんちゃんのキモ狂気っぷりも良かったし、タイガーはいつも通りで安心した。

凛は語らなくてもいいですよね? あの表情は反則
凛といえば、個人的にすげーと思ったのは凛が攻撃を食らった時の悲鳴。
アーチャーに蹴られた時だったか、すんごく甲高い悲鳴で吹っ飛ぶんですよ。
「植田さんすげーーーーー!!!!」と思いましたね。超リアル悲鳴。


とにかくもう、戦闘シーンは圧巻。
すごかった。
ビジュアル、カメラで魅せてきます。


ブルーレイ出たら買うぞぉおおおおおおおおおおお






はい、興奮して感想書きましたが、パンフもバッチリ買ったのでもうお金がありません。

どうやって、食事しようかね。


・・・・・・ファーブルよろしく、本の虫の生活も遠くない。
スポンサーサイト
2010.02.25 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://signworksle.blog18.fc2.com/tb.php/394-431ccbbd
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。