上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
ので、刺身買って食いました。

サーモン。チリ産。100g198円くらいだったかな。

米炊いて、もくもくと白米と刺身。


久々に、魚食いました。
時々、無性に魚が食べたくなるのです。

近くに民家が普通にあったり、隣が飲食店ってのもあって、焼き魚臭がよくします。
まじ美味そうなんです。
しょうゆとおろし大根があればその香りで白米食えますね。

あ、黒髪ぱっつんでもご飯3杯は余裕ですね。



んで、正月からずっと飲みたかった甘酒をふと思い出して、再度探したのですが、やはり売ってないのですね。
北海道ではコンビニに行けば余裕でおいてあるのに、京都には無い。これいかに、と。

そこで思ったのは、自分で作ればいいじゃん、という至極当然の話。

親に聞きました。



(*´・ω・`)「母よ、甘酒ってどうやって作るのですかね」

母「たしかおばーちゃんが作ってたよ。 酒粕と砂糖とかあればできるはず」

(*´・ω・`)「酒粕とな。 甘酒の素ちっくなものなのですかね」

母「ちょっとちがうね。というかお酒のコーナーとかにそれっぽいの無いの?」

(*´・ω・`)「無かったね。散々探したもんよ。てか甘酒の素ってのはないのですかね」

母「知らない。自分で作れ、ということだね」

(*´・ω・`)「ですかね」


後で聞いた話、東京に出ている愚妹情報によると、甘酒の素ちっくなのは普通にスーパーにあるらしい。
俺んちの近くにそんなものは無かったのだ・・・・・・・・・



とゆーことで、甘酒を作ることにしました。
酒粕。ねーなーねーな、と思っていたら、野菜コーナーにありました。
母は漬物コーナーにあるよといってたので、無駄に時間かかりました。


レシピはいろいろあるみたいですが、
とにかく水につけろやゴラァ、ということだったので、
水につけて放置してます。

もう、夜遅かったので、長期放置バージョンの作り方を実践。

続きは明日作ります。

なんか、放置した方がおいしくなるらしいので、楽しみです。


お手製甘酒レビューは後ほど。
スポンサーサイト
2009.02.12 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://signworksle.blog18.fc2.com/tb.php/361-84f50c84
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。