上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
一番動画で見てみたい、しかし動画になって欲しくない。
そんな作品ってありませんか?

あまりに感動してしまったがゆえに、下手なものになっては困る。
クオリティーが低いなんて許せない。
やるなら、確実なクオリティーを、否、
最高のクオリティーが欲しい。

そんな作品ってありませんか?


智斗紅にとってムシウタはそんな作品のひとつでした。
おそらくこれは晴乃にも同意をいただけるのではないだろうか。



こんなに切なく、激しく、美しい。

そして、何より、かっこいい。


初めて原作を読んだときは衝撃を覚えた記憶があります。
智斗紅のライトノベル暦の中で初期に読んだ作品のひとつです。

名前だけしっていた作品。
だけど、あるとき手にとってみた作品。
そして以後新刊が出るたびに買っていた作品。


それがアニメになると知ったときは、すこし落胆しました。

いつかはくるだろう、たしかにそう思うこともあります。
ですが、今、アニメは氾濫しています。
おかげでM@Dも氾濫しています。

深夜帯のアニメは興業としては儲かるそうです。
なぜなら、売れるから。


こんな時代に良作は稀です。

この青空に約束を、を見てください。

落胆を通り越します。

良作といわれている作品もリアルタイムでみると、作画崩壊は覚悟が必要です。


そして今日、ムシウタのアニメがWOWOWで放送になりました。
智斗紅はリアルタイムで視聴しました。
期待度があまりに高すぎたためです。


絵は、少し心配でした、あのボーイミーツガールがギャルゲちっくになるのだけは怖かった。
なんとなくファイナルアプローチの作画臭がしたのです。

ですが、そんなのを通り越してまず言いましょう。


「この切なさはなんだっ!?」


絵は、結構。よくも無いが、雰囲気はつたわる。

しかし、演出。

これが、すごく良い。 あくまで智斗紅的にではあるが良い。
面白さ、かっこよさ重視なんかじゃない。
初回だからかは分からないが、雰囲気重視。

絶対このキーワードはあるだろうテーマ
「ボーイミーツガール」

最初は導入から始まり、どんな作品かを伝える。
そして別の面を新たに見せる。
キャラクターをうまく活かしつつ、彼らに「雰囲気」を我らに伝える演出をさせる。

そして音楽。

良すぎる。あまりに良すぎる。

生音を使用した楽曲。
雰囲気を重視したのか、マッチしまくりである。
文句?
つけようがない。

そして特筆すべきは背景。


・・・


これぞムシウタ

これぞ、青春、これぞボーイミーツガールに相応しき舞台。


切なさを感じさせ、同時に俺はこの物語に期待した。


そして話を演出に戻す。

第一話の最後。


ネタバレではあるが、ここは絶妙なシーンで終わらせる。
その複線は一番最初に張られたのである。


つまり、「彼女」との再会である。


このシーンの「彼」は、まさしく、「彼」である。


意味が分からなければ申し訳ない。
しかし、ムシウタのいちファンとしてはこう形容するべきだと思った。


彼女の笑顔

これぞ胸を打ち抜くのに十分なものである。



今回は内容には特に触れなかったこのブログ。

だがムシウタファンとしては、とても楽しめたのは間違いない。
まず、録画した者はこれから見るのであろうか、まず見て欲しい。

録画できない者は録画した者に見せてもらおう。


要素としては、恐らく原作全部はできないだろう。
だから智斗紅もいくつかみつけたことがある。

単純に人物の配置に、「魔王」に似た属性を持つ子がいたり。



単純に楽しめ。そうすればこの物語はとても楽しみになるに違いない。


原作と多少違う点があるのは否めない。
だが、ムシウタの「空気」は健在である。

原作は、番外編のほうが主人公出現率が高いというとても面白い構成になっている。
全部読んでいる者たちにとって、この作品は、確かに「彼」が出てくることを望んでいるのかもしれない。


だが、私は思う。

私たちはきっと「彼等」が出るのを望んでいるんだろうと。


第一巻で死亡する「彼女」
その彼女の人間性を垣間見ることができた第一話。
ああ、そうか、彼女はこう思っていたのか。
そう思えただけで私は満足だ。


来週に期待したい。

そして、これから出てくるであろう人物たちに期待したい。


これは最高になるかもしれない「ボーイ・ミーツ・ガール」である。



なぜSWLEの智斗紅と晴乃がムシウタが好きか。
それはあれだ。多分還元される。
それを見て判断してくだされ。
スポンサーサイト
2007.07.06 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://signworksle.blog18.fc2.com/tb.php/232-6c45d89f
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。